Twitterで見つけたので, 今日ログインして試してみた.

自分の棲み分け的に

  • ログ -> 記事の下書き, メモ
  • 記事 -> ログを整形して出す.

って感じで行こうかなと思います.

ということで, Markdownの使い方はどんな感じかなって話です.

Mastering Markdown GitHub Guidesから引用して(パクって)試してみる.

TODO: できたら https://qiita.com/tbpgr/items/989c6badefff69377da7 のmarkdownも試す.

Headers

# This is an h1 tag
## This is an h2 tag
###### This is an h6 tag
###### This is an h7 tag

This is an h1 tag

This is an h2 tag

This is an h6 tag

####### this is an h7 tag

仕様なのか知らないけど, 下に-や=をつけてもh1, h2はできるっぽい

This is an h1 tag
==

This is an h2 tag
--

This is an h1 tag

This is an h2 tag

Emphasis

*This text will be italic*

_This will also be italic_

**This text will be bold**

__This will also be bold__

_You **can** combine them_

***this text will be italic&bold***

___this will also be italic&bold___

This text will be italic

This will also be italic

This text will be bold

This will also be bold

You can combine them

this text will be italic&bold

this will also be italic&bold

Lists

Unordered

* Item 1
* Item 2
  * Item 2a
  * Item 2b
  • Item 1
  • Item 2
    • Item 2a
    • Item 2b

これ * だったんだ. 自分はずっと - の方使ってた.

- Item 1
- Item 2
  - Item 2a
  - Item 2b
  • Item 1
  • Item 2
    • Item 2a
    • Item 2b

極論どっちでもいいな.

Ordered

1. Item 1
1. Item 2
1. Item 3
   1. Item 3a
   1. Item 3b
  1. Item 1
  2. Item 2
  3. Item 3
    1. Item 3a
    2. Item 3b

Links![undefined.jpg]

自動リンク

http://github.com - httpついてたら自動でリンクになる!

http://github.com - httpついてたら自動でリンクになる!

(syntaxhighlight コメントになっているがいいのか?

インラインリンク

[GitHub](http://github.com) - altテキストつけたいならこんな感じ.

[GitHub](http://github.com "github") - 吹き出しつけたいならこんな感じ

GitHub - altテキストつけたいならこんな感じ.

GitHub - 吹き出しつけたいならこんな感じ

外部参照リンク

 [Googleだと思うだろ? githubなんだよなー][github]

 [github][github]

 [github]:http://github.com "github"

Googleだと思うだろ? githubなんだよなー

github

Images

![Glass Paper](https://s3.qrunch.io/4e0e9524d48c2cfab09c0231a88836ef.jpg)
こんな感じ: ![Alt Text](url)

試してみたんですが, やっぱりpdfのアップロードはできなさそうですね(まぁ, 対応しているブログのほうが見たこと無いかも.

吹き出しつけたいならこんな感じ. カーソルを画像上に持ってきて少し待てばテキストが出てくる.

![代替文字列](URL "タイトル")

外部参照画像

![Glass Paper][草]

[草]:https://s3.qrunch.io/4e0e9524d48c2cfab09c0231a88836ef.jpg 

リンク付き画像

[![Glass Paper](https://s3.qrunch.io/4e0e9524d48c2cfab09c0231a88836ef.jpg)](http://github.com)

Format: [![Alt](image_path)](link)

外部リンク付き画像

[![Glass Paper](https://s3.qrunch.io/4e0e9524d48c2cfab09c0231a88836ef.jpg)][github]

[github]:http://github.com "github"

外部リンク付き外部参照リンク

[![Glass Paper][草]][github]

[草]:https://s3.qrunch.io/4e0e9524d48c2cfab09c0231a88836ef.jpg 

[github]:http://github.com "github"

ブロッククォート

引用

As Kanye West said:

> We're living the future so
> the present is our past.

As Kanye West said:

We're living the future so the present is our past.

2重引用

As Kanye West said:

>> We're living the future so the present is our past.

As Kanye West said:

We're living the future so the present is our past.

コードブロック

```
print("Hello Qrunch!")
```

~~~
print("Hello Qrunch!")
~~~

print("Hello Qrunch!")
print("Hello Qrunch!")

後ろに4つスペースをつけてもできる.

    function fancyAlert(arg) {
      if(arg) {
        $.facebox({div:'#foo'})
      }
    }

function fancyAlert(arg) {
  if(arg) {
    $.facebox({div:'#foo'})
  }
}

インラインコード

I think you should use an
`<addr>` element here instead.

I think you should use an <addr> element here instead.

GitHub Flavored Markdown

シンタックスハイライト △言語ごとにできてるかわからない


```javascript
function fancyAlert(arg) {
  if(arg) {
    $.facebox({div:'#foo'})
  }
}
```

function fancyAlert(arg) {
  if(arg) {
    $.facebox({div:'#foo'})
  }
}

javascriptはいい感じ.


```java
public class HelloWorld{
   public static void main(String[] args){
     System.out.println("Hello World!!");
   }
}
```

public class HelloWorld{
   public static void main(String[] args){
     System.out.println("Hello World!!");
   }
}

Javaもできてる...のかな.

```
<div class="aka" id="aka">
    <p>やったー!</p>
      <p>たーのしー!</p>
</div>
```

<div class="aka" id="aka">
    <p>やったー!</p>
  <p>たーのしー!</p>
</div>

htmlとか入れなくても自動でsyntaxつけてくれるっぽいので実は表記の意味ない?

```python
def foo():
    if not bar:
    return True
  print()
```

def foo():
    if not bar:
        return True
    print()

pythonなのにインデントバラバラにしないと揃わなかったw

タスクリスト × できない

- [x] @mentions, #refs, [links](), **formatting**, and <del>tags</del> supported
- [x] list syntax required (any unordered or ordered list supported)
- [x] this is a complete item
- [ ] this is an incomplete item
  • @mentions, #refs, links, formatting, and tags supported
  • list syntax required (any unordered or ordered list supported)
  • this is a complete item
  • this is an incomplete item

できないっぽい

テーブル

First Header | Second Header
------------ | -------------
Content from cell 1 | Content from cell 2
Content in the first column | Content in the second column

First Header Second Header
Content from cell 1 Content from cell 2
Content in the first column Content in the second column

できる.

SHAリファレンス リポジトリ内での参照の発行 ユーザー名@mentions

できないのわかっているので飛ばしまーす.

16c999e8c71134401a78d4d46435517b2271d6ac
mojombo@16c999e8c71134401a78d4d46435517b2271d6ac
mojombo/github-flavored-markdown@16c999e8c71134401a78d4d46435517b2271d6ac

16c999e8c71134401a78d4d46435517b2271d6ac mojombo@16c999e8c71134401a78d4d46435517b2271d6ac mojombo/github-flavored-markdown@16c999e8c71134401a78d4d46435517b2271d6ac

いや, 逆にできたらすごいよねそれw

打ち間違い

~~this~~

this

水平線

hoge
***
hoge
___
hoge

---
hoge
* * * 

hoge


hoge


hoge


hoge


jupyterでも, 下に3本線なら強調表示されるんだよなー. なぜだ. いや, あれか, 文字の下に線が引かれるのか. なるほど.(薄い

わかった. developer toolでみたら==はh1タグになってて, --はh2タグになってた. なるほど.

ページ内リンク × できない △ できるないことはない

[to header1](#Emphasis)

to header1

google developer toolで見たんだけど, 目次にname, idがないから無理っぽいね.

目次を見るとこんな感じ

つまり, 上からh1, h2を見つけたら #chapter-1から番号が振られるらしい.

例えば

# あ ( id = chapter-1)
## い ( id = chapter-2)
#う ( id = chapter-1)

みたいな感じになる. なので, できないことはない.

[to header1](#chapter-1)

to header1

ログにはこういうの割り当てられないので無理っぽいですね. 記事なら行けそう. まぁ, どちらにしろ微妙なので記事には載せないな.

やりたいならこれ使う http://emeraldwar.hatenablog.com/entry/2015/08/26/235955

参考文献